タンクレストイレとタンクありトイレの比較! 使いやすいのはどっち?

タンクレストイレとは?

新築住宅やリフォーム時に採用される事例が多いタンクレストイレは、従来型のタンクありトイレとは異なり便座と便器の後方にタンクが無いという外見上の違いと、水道が直結しているという仕組み上の違いがあります。

タンクレストイレのメリット

トイレ内が広くなる

そのように、タンクレストイレはタンクありトイレにおいて便器と便器の後方に位置しているタンクが物理的に存在しないためトイレ内が広くさせられ、元来トイレ内が狭く感じていた物件の空間を広くしたり介護などを要するようになった場合でも手狭に感じず、余裕を持ったサポートができるようになります。

見た目がスッキリ

そして、タンクレストイレはタンクが存在しない事ですっきりとシンプルな印象に見えるという特徴もありますが、シンプルに見える理由としては凹凸が少ないフォルムで形成されている事も関係しています。

掃除がしやすい

凹凸が少なくシンプルなフォルムをしているので拭き取り掃除などが行いやすく、込み入った箇所も存在しないので入り込んだ埃や汚れを除去する必要も生じません。

連続で水を流すことができる

さらに、タンクレストイレは水道が便器に直結されているのでレバーを操作すると即座に水が流れ、タンクありトイレの使用時のようにタンク内に水が満たされた事を確認せずに流せます。

タンクレストイレのデメリット

別途手洗い場が必要

このような特徴があるタンクレストイレにタンクが存在していないという事は、タンクの上部に設けられている蛇口と受け皿も存在しないという事なので、トイレを後にする前に手を洗うためにはトイレの中に別途手洗い場を設けます。

手洗い場を別途設ける事により、タンクの上で手を洗う場合よりも広い受け皿と豊富な水量で手が洗えるようになる上に、好みの手洗い場が選べるという楽しみも得られますが、新たに手洗い場が設けられるスペースが確保できる様子を事前に確かめておきましょう。
同じく事前に確かめておくと安心して導入でき、快適に使用可能になるポイントが水圧です。
タンクありトイレはレバーを操作し既に貯められている水を便器内に流すため、水道の勢いに左右されず各家庭で共通した水の勢いが得られますが、水道を直結しているタンクレストイレでは各家庭により異なる水圧が流す際に反映されるので、安心して流せる水圧である事を確認した上で選ぶと尚良いです。

先進の機能と高いデザイン性を誇るLIXIL(リクシル)のトイレ

タンクが無いトイレは、デザイン性の高さと掃除のしやすさから主要なトイレメーカーが参入し開発販売していますが、タンクが無い事により得られる利点を高める事に特に注力しているのがLIXILです。

リクシルを例にすると構成する部品は便座と便器のみである様子を最大限に活かし、各メーカーから数多くの製品が販売されている中、世界で最もサイズが小さな製品を開発しています。

サイズが小さければトイレが広く使えるようになる事に加え、別途手洗い場を新設する際にも選択肢が増えますし、手洗い場を設けても開放的な空間が維持し続けられます。

また、ウォシュレット機能も含めた便座が全体的に上方向に上昇し、通常手が入らない所も難なく拭き掃除が行えるようになる機能が搭載されていたり、円を描くようにして流れる水によって水が跳ね返らず汚れにくいという特徴も有しています。

人気のLIXIL(リクシル)トイレ サティスの特長を紹介!参考にしていただければと思います。

Pocket

ブログカテゴリー