これならわかるリノベーション! リフォームとの違いは?

リフォームとリノベーションの違いを理解している人はまだまだ少ない

近年 リノベーションという言葉が浸透してきましたが、それぞれどのような違いがあるのか一般的に理解されている方はまだまだ少ないようです。
今日はリフォームとリノベーションの違いについて書いてみます。

中古で購入した物件の他に、長い年数にわたり住み続けている自宅に対しても行われる工事にはリフォームとリノベーションがあり、どちらも同じ意味を有しているように認知される事例も少なくないですが、実際には各々に違いがあり違いを把握しているとより良い住環境に変化させられます。

リフォームは?

リフォームは年月が経過した事で汚れたりダメージが生じた室内空間を新築同然の状態にする改修工事の事を指し、具体的には剥がれてしまっている壁紙の貼り替えや、長年使用し続けたキッチン設備を新しいキッチンシステムに取り替えるなどです。

つまり、リフォームとは全体的に工事を施すのではなく、表層的もしくは部分的に年月が感じられる様相になっている住宅設備を新築の状態に戻す工事を指します。

リノベーションは?

一方リノベーションは間取りや内装、配管に至るまで物件を構成している設備の全てに目を向けて見直しを行い、今後の暮らしに対応できるように作り変えていく工事です。

そのため、リノベーションでは新築の段階から既に存在していた壁を取り払い、風と光が感じられる明るくて爽やかな室内空間を実現させられます。

また、大きなリビングが特徴的な室内空間であっても、生活や家族形態が変化し個室を欲するようになった際に広い空間に新たに壁を設け、後から間取りの中に個室を増やす事も可能です。

もちろん、中古物件を探している方が立地などに魅力を覚えたのにも関わらず、間取りが家族形態などに合っていないという場合は、契約後にリノベーションを行えば立地と共に理想的な住環境も得られます。

このような違いがあるリフォームとリノベーションでは工事を行う範囲にも違いがあるため、工事費用や工事期間などにも目を向けると契約時の判断材料に役立てられます。

リフォームの方が物理的に工事を行う面積が狭いので、費用が低く抑えられるのと同時に工事期間も短くさせられ、リノベーションでは室内が全体的に新築同然になるため、築年数が古い物件でも資産価値が再び高まります

弊社のリノベーション事例です。

築50年の鉄骨造戸建リフォームLDKフルリノベーション

 

Pocket

ブログカテゴリー