利便性の高いアイランド型のシステムキッチン リクシル(LIXIL) リシェルSI の特長を紹介!

使う楽しみが感じられるように設計されたリクシルのリシエル

料理を行う方にとってキッチンで立ち調理を行う度に使う楽しみが感じられるように設計されたのがリクシルのリシエルであり収納してあるキッチン道具の出し入れや洗い物、お手入れなどキッチンに立ち行う事柄を複数回にわたり見つめ直して開発が進められた事により、直感的に利用可能な利便性の高さと自然に向き合える使い心地が両立されています。

アイランド型システムキッチン リシェルのメリット

そして、アイランド型のリシエルは従来のキッチンのようにダイニングの片隅に位置している様相ではなく、リビングの中に存在している1つのインテリアという印象が強く感じられるキッチンシステムなので、室内空間が尚一層上質になるようデザイン性にも拘って製造されており、キッチンが生活の中心にあるライフスタイルを実現させる事ができます。

また、従来のキッチンシステムからリシエルに変更すると、これまでと同じ動作を行いながら同じ料理を手がけたとしても心身ともに負担が生じない上に楽しさが増幅するのは、効率性を高めるために徹底的に行われた分析と観察が関係しています。

キッチンに立つ者の行動を変化させる事なく、効率性のみを高めるという理念の元研究開発が進められた事により普段通り動いているだけで下ごしらえから調理、後片付けに至るまでキッチンで行う全ての作業が円滑に捗ります。

そのように負担が無い状態でキッチンで作業に従事している時に常に目に入るのが、製造段階において高温を与える段階があるが故に深い味わいが目視確認できるセラミック素材です。

ワークトップに採用されているセラミック素材は、美しさと共に高温で焼き上げて密度を高くしているからこそ得られる耐久性により汚れが付着しにくい事はもちろん、傷や熱にも強いので包丁を手にして食材をカットしたり、高温に熱せられた調理器具が近づいたとしても問題ありません。

*)「ワークトップ」とは、調理や下ごしらえなどのを行う天板・カウンターのことです。
特にシステムキッチンでは、コンロやシンクとひと続きになっている場合が多いです。
「カウンタートップ」ともいう。

使いやすさにもこだわったシンク

傷や熱に強いというセラミック素材の特長によって鍋敷きを手に取り設置したり、まな板を用意するというプロセスが解消される様子が作業量と時間の短縮化に繋げられる理由ですが、同じく衝撃に強いポイントとして挙げられるのがシンクです。
*)シンクとは
台所に備え付けられているの流し台(ながしだい)の事です。
おもに洗い物をする場所であり、さまざまな調理を行うこともあります。
   

リクシルのリシエルに採用されているシンクの内部は、従来のシルバーではなくシックなつや消しの黒色なのでワークトップのセラミック素材との相性に優れていてキッチンシステム全体を引き締まった印象にしてくれますし、フライパンのような硬く重量感がある調理器具を落下させてしまっても割れたり凹みが生じません。

 

弊社のリクシル(LIXIL) リシェルSI の施工事例はこちらです。

江東区 マンションリノベーション

Pocket

ブログカテゴリー