空き巣対策 防犯リフォームのポイント!

空き巣被害件数が年々増えています

近年では空き巣被害が多く発生していますが、空き巣の特徴として侵入しやすい住宅を普段からリサーチしていると言えるでしょう。

これから防犯リフォームをするのであれば、空き巣に嫌われる対策が求められます。その中でも一戸建ての場合には窓対策、集合住宅の場合には玄関対策が重要となるでしょう。
まず最初に窓対策としては、窓ガラスとサッシと鍵の確認を行います。普通ガラスのままで、何の対策も行っていない家の場合には、十分な注意が必要です。

最も多い侵入手口はガラス破り

空き巣の手段としてはガラス破りが一番多く、60パーセントを超えているのです。その手口は窓サッシのガラスを割って、カギを開けるという方がとられています。

手慣れた空き巣であれば30秒以内で窓を破ってしまうので、一番の侵入経路と言えます。
この時に効果的になるのが、防犯ガラスや防犯フィルムを設置することです。

防犯ガラスは二層のガラスの間にシートを挟んだものであり、割れにくく、また割れても破片が散乱しないことから、地震などの自然災害の対策にもつながるでしょう。

防犯フィルムはDIYでも可能であり、貼るのにやや手間がかかるものの、リーズナブルな値段で済ませることができます。

集合住宅のマンションの場合

集合住宅のマンションの場合には、玄関、鍵の交換でピッキング対策を行いましょう。

まず最初にピッキングされにくい鍵が取り付けられているかどうかを確認します。

ピッキングとは針金のような細い道具でカギを開ける方法で、種類や形状により開けるまでの時間が違います。時間がかかる種類の鍵を取り付けておくことが重要と言えます。

開けられやすい鍵の場合には、できる限り早く交換リフォームを行います。ピッキングに強い鍵へのリフォームは2万円ほどが目安で、空き巣は時間がかかることを恐れるので、これだけでも防犯効果は上がるでしょう。

しかし鍵の交換を行ったとしても、鍵のかけ忘れによる被害も多いので、少しの外出であっても必ず鍵をかける習慣をつけて、防犯意識を高めることが大切です。

まとめ

秋冬は行楽や帰省などで家を留守にすることも多く空き巣の被害件数が多くなる季節です。
自宅を空き巣から守るために、しっかりと防犯リフォームを行い、空き巣対策を行いましょう。

Pocket

防犯リフォームカテゴリー 最新ブログ

ブログカテゴリー